2024年から始まる新NISAをわかりやすく解説 10分で読める【第38話】

NISA

こんにちは、タンポポウサギです

ただいまつみたてNISAの投資信託と個別株(配当銘柄)を中心に資産運用を行っています☆

▼詳しいプロフィールはこちらから▼

【第2話】タンポポウサギ【運営者プロフィール】
▼経歴▼・大学卒業後、東証一部上場(現東証プライム)企業へ入社し、その後現在の夫と結婚(退職)・出産を終えて資産運用、投資、FPについて夫とともに学び、30代から投資を始める・現在は家事、育児、仕事、勉強、ブログに力を注ぎ自分を磨いています☆☆投資スタイル☆・つみたてNISA(投資信託)と高配当投資(個別株)を中心とした投資※2023年8月現在
【本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます】
※本記事の情報は2023年8月12日時点のものです

 

●この記事では●

2024年から始まる新NISAについて初心者でもわかるように解説しています

 

▼この記事はこんな方にオススメです▼

●投資を全くやったことがない
●資産運用(投資)を始めたい
●せっかくやるならお得な制度を使いたい
●すでにNISAを使っていて新NISAも使いたい

 

▼この記事でわかること▼

●NISAの何がお得なのか
旧NISA新NISAの違い
新NISAをやるメリット

 

▼この記事の結論▼

●新NISAを使う人と使わない人で将来の資産に大きな差が出る

この記事では、まだ投資をしたことがない方や投資を始めたばかりの初心者の方に向けて、2024年から始まる新NISAについておおまかに解説していきます

細かい情報を知りたい方は下の記事を参考にしてください☆

 

▼一般NISAの記事はこちらをどうぞ▼

一般NISA 基礎講座【一般NISAのメリットとデメリット/投資初心者向け】【第14話】
一般NISAのメリットとデメリットについてわかりやすくまとめました!一般NISAに興味がある方はぜひ見てみてください

▼つみたてNISAの記事はこちらからどうぞ▼

つみたてNISA 基礎講座【30代から始めるつみたてNISAのメリット】【第13話】
30代は稼げる時期!そして「何かを始めるエネルギー」に満ちた時期です!仕事や家庭で経験した知識やノウハウがあり、さらにまだ身体的に体力があるのが30代、40代です!! そしてなにより「時間がある」というメリットがある…だからこそ30代からでも遅くない!

▼新NISAの詳細はこちらの記事からどうぞ▼

知って得する 新NISAのココがスゴイ5選!つみたて・一般NISAと比較してみた【第15話】
つみたてNISAと一般NISAのデメリットを完全補完した新NISAについて、図解を用いてわかりやすく説明しています。資産運用、投資、NISあに興味がある方必見!

 

 

私自身が実際にNISAを使ったり通常の取引をやってみたりして

これから投資を始めたいと考えている方に伝えたいことは

資産運用に『新NISA』はもはや必要不可欠

ということです

 

この記事は10分で読み終わるくらいにまとめてあるので、初心者の方でもサッと読めちゃうと思います☆

結論だけ知りたい方は目次の「まとめ」に飛んでみてもOKです

それではさっそく見ていきましょう☆

①NISAとは

投資をするときは証券口座を開きます

銀行預金も「普通預金」「定期預金」など種類がありますよね

証券口座もいくつか種類があるんです

証券口座の場合は「NISA口座」「特定口座」などに分かれます

だから特定口座を開いただけではNISAでの取引はできません

NISA口座も開く必要があります

でも、特定口座を開いていれば、NISA口座を申込むのに10分もかかりません!

▼松井証券のNISA口座開設方法はこちらの記事から▼

NISA口座開設をわかりやすく解説 【松井証券編】【第33話】
この記事では松井証券のNISA口座の開き方を、実際の手続き画面を見ながらわかりやすく解説していきます。個人情報の入力はすでに開いた口座(特定口座)で行っているので必要ありません。手続き完了までの開設となります。早ければ2分程度で完了しますよ☆!

つまり、NISAでの投資とは、NISA口座の中で投資商品(株や投資信託)を売買することです

②NISAのメリット

特定口座など、いわゆる「普通の投資」で得た利益には約20%の税がかかります

NISA口座での取引で生まれた利益には、この約20%の税金が一切かからないんです!

つまり、NISAは非課税で投資ができるお得な制度なんです☆

③旧NISAと新NISAの違い

①旧NISAの種類

現在、旧NISAには2種類

『一般NISA』
『つみたてNISA』
(ジュニアNISAもあります)

があります

②一般NISA(旧NISA)

●年間投資枠…120万円
●非課税期間…5年
●投資商品…投資信託、株式など
※①年間投資枠…年間で投資ができる上限金額
※②非課税保有期間…購入して売却しても非課税にできる期間

③つみたてNISA(旧NISA)

●年間投資枠…40万円 ※①
●非課税期間…20年  ※②
●投資商品…投資信託

ちなみに旧NISAは『つみたてNISA』と『一般NISA』の

どちらか片方しか使うことができません!

④新NISA

新NISAは2種類に分かれます

●つみたて投資枠
●成長投資枠

イメージとしては一般NISAとつみたてNISAをそれぞれパワーアップさせた感じですね☆

▼新NISA全体▼

●年間投資枠…1800万円
●非課税期間…無期限

▼内訳▼

①【つみたて投資枠】
●年間投資枠…120万円
●非課税期間…無期限
●投資商品…投資信託
②【成長投資枠】
●年間投資枠…240万円
●非課税期間…無期限
●投資商品…投資信託、株式など

新NISAはなんと『つみたて』『成長』を両方同時にできるんです!

④新NISAがおすすめな理由

①非課税

なんと言っても『非課税』!これがおすすめの一番の理由です☆

例えば20年間投資したらこうなります▼

【投資シミュレーション(金融庁HPより)】
▼条件▼
●月33,333円のつみたて投資
●投資期間は20年間
●想定利回りは3%】

投資の利益が294.3万円なので20.315%課税されると

597,261円が税金として引かれます

NISAがない時代は、必ずこの税金が引かれていたんですよ!

NISAがある今は投資環境に恵まれていて、初心者でも長期的に資産運用がしやすいですよね☆

②非課税期間が無期限

投資は時間が味方です

先ほどのグラフをみてわかるように、投資期間が長ければ長くなるほど複利の力が効いて利益がどんどん大きくなる可能性が高いんです

投資初心者は短期間にあれこれ買ったり売ったりせず、優良な投資信託にコツコツ長期投資した方が利益が伸びやすいです

私も現在つみたてNISAで投資している投資信託が+約20%ぐらい増えています

10年、20年後、どうなっているか楽しみです☆

でも旧NISAは非課税期間が5年・20年と制限されていました

シミュレーションで見たとおり投資期間が長くなるほど利益が大きくなるんですが、投資期間が制限されていると20年以上の長期投資ができません💦

新NISAはこの非課税期間が無期限なので30年でも40年でも投資ができて、現金化するときには非課税になるんです!

うまくいけば老後の資金はもう安泰です!

▼長く続けられるので投資期間を30年にしてみました▼

【投資シミュレーション(金融庁HPより)】
▼条件▼
●月33,333円のつみたて投資
●投資期間は30
年間
●想定利回りは3%

20年目以降の方が年間の利益の伸び方が大きくなっていっていますよね

これが長期投資の力です✨

だからこそ投資期間が無制限の新NISAをおすすめできるんです☆

③今までより投資可能額が大幅にアップ

今までつみたてNISAは月33,333円までしか投資できませんでした

旧NISAを使っている方はわかるかもしれませんが

●もう少し積立金額を増やしたい

●33,333はキリが悪い

こんな悩みがあった方もいると思います!!

 

私は新NISAで投資枠が増えたら月4万~5万程度に増やして運用してみたいと思っています

▼ちなみに月5万円のつみたて投資で2000万円(老後資金)を貯めるシミュレーションをしてみたらこんな感じでした▼

だいたい24年で目標達成です☆(想定利回り通りいけば)

今まで貯蓄に回していた分を投資に回すだけで、将来こんなにも資産に違いが出て

新NISAを使う人と使わない人で将来の資産に大きな差が出ます

これは新NISAで無期限になり、更に投資可能額が増えたからこそできるメリットです

いままでつみたてNISAをやっていた方にも朗報ですね☆

新NISAが始まった20年後(2044年)が楽しみです✨

④『つみたて』も『成長』も両方できる

新NISAは旧NISAと違って『つみたて』『成長』のどちらも投資が可能です

個人的にはこのメリットが大きいです!

なぜなら今

●つみたてNISA口座(非課税)…投資信託(つみたて)
●      特定口座(課税)…個別株(配当を目的)

をやっています

特定口座だと配当金にも課税されるんですが、新NISAなら配当金への課税もなくなるんです!!

▼新NISAでできるようになること 例▼

①つみたて投資枠(非課税)…投資信託
②  成長投資枠(非課税)…個別株(配当)

①で将来得られるお金を準備しつつ、②で今現在使えるお金(配当)をもらえる

この両方が非課税になるのは本っ当に嬉しいです!

⑤私が投資を始めた理由

①貯蓄と投資の違い

多くの銀行の普通預金は利子が0,001%ですが、投資(投資信託)なら約3%の利回りも可能ですし、場合によってはそれ以上のパフォーマンスも期待できます☆

もちろん元本割れるす可能性も0ではありませんが、それでもたくさんの企業が成長しようと頑張っていることからも、長期目線で見れば右肩上がりになる可能性が高いと言えます

▼利子(利回り)の比較▼

貯蓄…0.001%
投資…3  %

新NISAで長期投資をしていけば、貯蓄で運用した場合との圧倒的な差が生まれる可能性が高いんです

▼詳しく知りたい方はこちらの記事からどうぞ▼

投資シミュレーション【30代からの投資 いくらになるのか】【第36話】
「これから投資をはじめてみたい」という方が気になるのはやっぱり…どれくらい資産が増えるのかということですよね!そこでこの記事では、『資産運用シミュレーション』(金融庁HP)を使って 投資(資産運用)をしたら何年でどれくらいに増えるのかについてまとめてみました。見ている方の投資スタイルに合うように・投資金額・想定利回り・投資期間をいくつかのパターンに分けてシミュレーションしてみます!

②人生は不安材料がたくさん

●老後2,000万円問題
●年金が払われないんじゃないか
●年金が減るん可能性がある
●老後も働き続けないといけない
それに加え
●税や社会保険料の負担が増えてお金をとられる

30代になるとこういった不安もより身近になってきますよね…

政府は個人一人一人のことを支えきれないから自分で資産運用してくださいと言っていると、

私はNISAはそのメッセージだと思っています

政府:お得な制度は用意しました。あとは自分で資産運用してね。

実際に政府が言っていたわけではありませんが、やはり

あなたのことを一番に考えてくれるのはあなた自身です

あなたのお金を一番に考えてくれるのはあなた自身です

だからしっかりと自分自身が資産運用をしていかないと、誰も将来の自分自身の生活を支えてくれません

…と、私は考えています!

⑥新NISAおすすめ証券会社

これから証券会社を選んで口座開設をしていくという方にオススメの証券会社は

松井証券

▼松井証券をおすすめする理由▼

●NISA制度の買い付け(売却)手数料が無料
●投資信託購入時手数料無料
●口座維持費0円
●少額(100円)からでもできる
●初心者へのサポートが手厚い
投資に慣れてきてもメリットが…
●特定口座:個別銘柄への投資も一日50万円まで無料!
●特定口座:25歳以下はすべての取引手数料が無料
●最短5分で口座開設
●豊富な学べる動画コンテンツ
●いまならお得なキャンペーンも!

▼松井証券がよくわかる記事(キャンペーン詳細も)はこちら▼

おすすめネット証券【松井証券】メリット5選【第23話】
「どの証券口座を使えばいいの?」という方によくおすすめされるのは次の証券会社です・SBI証券・松井証券・楽天証券…そしてその中でも投資「初心者」におすすめなのが松井証券です。今回はその理由を、わかりやすく説明していきます

▼松井証券 学べる動画コンテンツはこちら▼

松井証券_MatsuiSecurities
【公式】松井証券のYouTube動画チャンネルです。 松井証券WEBサイトに記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、全ての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがありま...

▼すぐに松井証券の口座開設をしたい方はこちらの記事から▼

松井証券の口座開設をわかりやすく解説【初心者でも簡単!】【第30話】
この記事では松井証券の証券口座の開き方を、実際の手続き画面を見ながらわかりやすく解説していきます。口座開設は手続きが面倒くさいイメージがあると思いますが、手順通りに進めていけば誰でも簡単に始めることができます☆

⑦まとめ

▼新NISAのメリット▼

【お得な点】
●利益に対して税金がかからない【旧NISAと比べたメリット】
●ずっと非課税(恒久)
●投資上限額が旧NISAよりもはるかに大きい
●『つみたて』『成長』両方できる
●長期投資で旧NISAよりも利益が伸ばせる

NISA制度がある今は本当に恵まれていると思います

これから資産運用や投資を始めるのなら、使わないのは絶対に損と言えるくらいお得な制度です

税金や社会保険料が増える今、その代わりの大ボーナスとして新NISAが作られたと思っています

もし本当に30年後、40年後に政府が高齢者(現在30代)への手当を行えないような社会になっていたら…どうもできませんよね…

やはり今『若くて』『働いて』『稼げる』うちに少しずつ投資をして将来の資金を作り、未来の自分の生活を支えるしかありません

まさに未来の自分のための投資ですね

働けなくなってから「明日からどうしよう…」とならないよう

今の自分だからできる資産運用にチャレンジしていきましょう!

きっと20年後、30年後の自分が今の自分に向かって「ありがとう」といってくれる、そう信じて私もこれから長期的に投資をしていきます

これからも投資について一緒に学んで行動の選択肢を増やしていきましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました☆

ではでは~☆

▼NISAでおすすめの投資信託はこちらの記事から▼

NISAで投資をするならS&P500連動ファンド!【選ばれる理由5選】【第21話】
そもそも投資(資産運用)をする目的は「資産を増やしたい」からですよね。だったら、価値が高まる「理由」がある投資商品を選びましょう!今回は、つみたてNISAのファンド(投資信託)の中から、長期的に運用実績が高いS&P500に連動するファンドについて説明していきます。一緒に学んでいきましょう!!
【おすすめネット証券会社 3社の記事はこちら】
おすすめネット証券 SBI証券 メリット6選 投資初心者向け【第42話】
SBI証券は、取り扱っている商品が多く投資初心者から上級者まで幅広く使われています【SBI証券の魅力】手数料が安い・株、投資信託、IPO株、米国株の取り扱い数がすべてトップクラス・単元未満株の取引も充実・取引に必要な手間が減らせる・クレカ積立で年間3,000円以上お得 その結果オリコン顧客満足度もネット証券部門で第1位です。SBI証券は様々なサービスがある上に、取り扱っている商品数(株や投資信託など)もネット証券トップクラスです。投資に慣れて国内株式や米国株式などにチャレンジしてみたい方は、自分に合った投資商品を、より見つけやすくなります

 

おすすめネット証券 楽天証券のメリット5選 投資初心者向け【第41話】
投資初心者の方にオススメの証券会社は次の3つです●SBI証券●楽天証券●松井証券  中でも、「便利でお得」なのが楽天証券です。使いやすい証券会社は他にもありますが『手数料が安い』『選べる銘柄が豊富』『ポイントで買い物や投資もできる』『取引に必要な手間が減らせる』特にすでに楽天カードや楽天サービスを利用している方はお得なこともあります。メリットとあわせて、デメリットも一緒に解説していきます
おすすめネット証券【松井証券】メリット5選【第23話】
「どの証券口座を使えばいいの?」という方によくおすすめされるのは次の証券会社です・SBI証券・松井証券・楽天証券…そしてその中でも投資「初心者」におすすめなのが松井証券です。今回はその理由を、わかりやすく説明していきます

 

▼SBI証券口座開設▼

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

▼楽天証券口座開設▼

お得に投資を始めるなら楽天証券

【楽天証券】口座開設キャンペーン | 楽天証券
キャンペーン期間中、キャンペーン専用ページ内の申込みボタンから楽天証券に口座開設資料の請求をしていただき、口座開設+各取引を達成なさった方に、楽天証券ポイントをプレゼントいたします。

 

▼松井証券口座開設▼

インターネットでお得に取引!松井証券

『やさしい株の教科書』


【監修 竹内弘樹】【西東社】

タイトルとURLをコピーしました